ジョジョリオン

「ジョジョの奇妙な冒険」という人気シリーズの第8部にあたる作品です。2011年の東北地方太平洋沖地震後の仙台をモチーフにした杜王町に謎の青年が裸で土に埋もれて倒れていました。その青年は物や物の性質を一時的に失わせる不思議な力を持っていましたが記憶喪失で自分がどこの誰か分かりません。そんな彼が周りの人と関り時には戦闘を繰り広げながら自分を取り戻して行く物語です。ジョジョと言えばスタンドバトルですが、この作品でもスタンドバトルは健在です。今回はパワーによる力のぶつかり合いではなく、一度罠にかかると脱出不能な、まるでクモの巣のような能力が多く、そこをどう知恵を使って切り抜けるかが見ものになっています。この作品は今までのシリーズに比べてとてもミステリアスな雰囲気になっており、徐々に主人公定助の正体やそれにまつわる謎が明かされてくるところがとても面白いです。定助の予想外の正体に驚いたり、謎の生命体である「岩人間」の出現などに大変楽しませていただいています。おすすめ⇒おねえさんとなつやすみ

僕のヒーローアカデミア

少年ジャンプで連載されており、第一印象は「またヒーローものか」でした。作画は綺麗でとても読みやすいし構図もおぉと思うような迫力があるのですが、どこかアメコミチックと言うかノリについていけないな、と思っていました。ところが読み進めるうちに舞台が高校に変わると俄然面白くなってきました。まず主人公が自分でもコントロールしきれない強大な力を持っているのですが、その力で無茶をしてなにか成し遂げても、手放しで褒め称えるようなことはしない、「身分不相応な夢を持つな、お前にヒーローは無理だ」と叱ってくれる大人がいます。昨今の「主人公が何かする」→「流石主人公!」と言う無茶な持ち上げをしないため、話がより生々しくリアルに感じられました。そのお陰で葛藤する登場人物達の心情に共感することも多々あり、主人公が本当に成長して大きなことを成し遂げるシーンはとても感動しました。ありがちな青春ものや友情ものとはちがう、アメコミや薄っぺらい勇者物語とも違う、本当に面白い漫画だと思います。